書評のようなもの(仮)

SF、ラノベ、漫画、音楽なんかの記事をgdgd書いたり、DTMして遊んだり。

結月ゆかりで作曲してみた(7曲目)

2ヵ月くらいダラダラつくって完成したEDMです。 ボーカルは結月ゆかり。 MP3でビートレートは320kbpsになります。 ミックスがむずかしい。

結月ゆかりで作曲をしてみた(6曲目)

定期的にオリジナル曲を貼り付けるだけの簡単なブログになってしまった。 ジャンルはいつものごとくEDMで、ボーカルは結月ゆかりV4です。 MP3でビットレートは320kbpsになります。

IAで作曲をしてみた。

ボカロを調教すると、どれも同じような設定になって結局、似た感じの歌声になってしまう。誰使っても同じなんじゃないかコレ……。 ジャンルはEDM(ちょっとポップスみたいな感じ。) ボーカルはIAです。

「君の名は。」の感想を好き勝手に書いてみた。

※いろいろネタバレしてます。 CMみて「なんか過去作よりキャラが3倍くらいかわいくなってる」って思ったのと話題だからというのに影響され映画館にいってきた。主人公がヒロインのおっぱいをしこたま揉んでいたのと、チーンって効果音と同時に暗転するシーン…

DTMで作曲をしてみたその5。

ビッグルームハウスっぽいのを作ろうとしたらA面が演歌(?)みたいになってしまった……。 ボーカルは結月ゆかりV4。 ファイルはMP3でビットレートは256kbpsです。

DTMで作曲をしてみたその4

1か月くらいちまちま作業してつくった曲だけど、隙間を埋めるためにトラック数を増やしすぎて結局、音圧が上がってない気がする。MP3でビットレートは256kbpsです。 ボーカルは結月ゆかりでジャンルはEDMになります。

DTMで作曲をしてみたその3

見よう見まねでつくったドラムンベースを。BPMは172くらい……だったはず。 ボーカルはミクV3(Dark) をちょっとイジったぐあいのミクです。 なんだかポップスみたいなメロデイになってしまった気がしなくもないです。 ミックスがよくわからずけっこうヤケクソ…

DTMで作曲をしてみたその2

DTMをはじめて1年で6曲完成したけど、最初の3曲はネットに公開するのをためらうクオリティだったので、実際のところ半分しかUPできず……。来年はいっぱいUPできたらなーと思いつつ7曲目を。 ボーカルは結月ゆかり(純)で、ジャンルはEDMです。 ......あいか…

DTMで作曲をしてみた。

いままでピアプロに投稿してたのですが、もっとハイビットレートで投稿できるクレフオーガというサイトをみつけたので、そっちのプレイヤーを貼ってみました。 市販の曲(MP3)と同じビットレート(256kpbs前後)で投稿できるのはうれしいところ……。 ボーカ…

最近読んだラノベとSFとあといろいろ

「城下町のダンデライオン」の幸せ家族度は今季ダントツだと思った。 CHAOS;CHILD (通常版) 出版社/メーカー: 5pb. 発売日: 2014/12/18 メディア: Video Game この商品を含むブログを見る 東京渋谷を舞台にしたオカルト系SFミステリ。ネットで話題沸騰の『ニ…

「Angel Beats! -1st beats-」をコンプしたので感想を……。

率直な感想は、 面白い! でも、すっっっごく短いよこのシナリオ!って感じでした。 話の大筋は原作アニメと同じなので、共通ルートは、アニメとほとんど同じぐあいで進んでいきます。原作アニメの脚本と大きく違うなと感じたところは、アニメではいつの間に…

最近読んだラノベとかSFとか。

楽園追放―Expelled from Paradise― (ハヤカワ文庫JA) 作者: 八杉将司,虚淵玄 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2014/10/17 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (9件) を見る 仮想世界に構築した人類の新たな生活園に不正アクセスする謎のハッカーが現れ…

ボーカロイドで作曲をしてみたその2。

亀みたいなペースでちまちま作ったりサボったりしていたら1曲完成させるのに3か月もかかってしまった。前回の謎曲よりもマシにはなったかなあと思いつつ、ピアプロにアップしたのですが、いざ聞いてみるとだいぶ音が変わってた。高域とかどうにかならないの…

『やがて魔剣のアリスベル1.2巻』感想

あんまりたいした活動はしてませんが、今年ものんびり更新していきます。おもに読書感想文やDTMなど。気が向いたらゲームなんかも。さっそくですが、書きあぐねていたラノベの感想を簡単に書いておきます! なんでも願いを叶えてくれる伝説の妖怪を復活させ…

最近読んだ本のまとめ的なアレその6

アニメの記事(主に今期の)も書こうかなと思いつつ今日も読書感想文を載せるだけの記事となった。 シンギュラリティ・コンクェスト 女神の誓約(ちかひ) (徳間文庫) 作者: 山口優 出版社/メーカー: 徳間書店 発売日: 2010/11/05 メディア: 文庫 購入: 1人 クリ…

「エヴァンゲリオン新劇場版:Q」を見たので感想を……。

映画館で軽いショックを受けて帰ってきたエヴァQでしたが、一昨日放送していたTV版を見るとわりとすんなり楽しめました。 ※ネタバレ記事ですのでご注意を 使途にのみ込まれた綾波を救出するため初号機を暴走させサードインパクトを起こしかけたシンジ君でし…

最近読んだ本のまとめ的なアレその5

ここ2ヶ月くらい色々あってあまり本を読んでないのですが、とりあえずまとめておきます。遅読なので毎日ちょびちょび本を読んでいるのだけど、習慣づいたものが乱れるとモヤモヤしてあーもーってなるなと改めて思いました。 2 (メディアワークス文庫) 作者:…

「ギルティクラウン」を全話見たので感想を……。

おもしろくてどっぷり感情移入したのですが、過酷な展開があまりにも多いので後半は見るのがひたすらに辛かったです。 一介の高校生・桜満 集(主人公)が『葬儀社』と呼ばれるテロ組織に加わり、メンバーの一人である蝶いのりと共にその運命を全うする壮大な…

「プリズマ☆イリヤ」を全話見たので感想を……。

風呂場に突然、押しかけてきたおしゃべりな魔法のステッキにせっつかれて魔法少女をはじめたイリヤと、謎の使命感に駆られる孤独な少女・美遊が協力して精霊カード集めをする笑いあり感動ありの百合系魔法少女バトルものです。 お馴染みのFateキャラが全く別…

最近読んだ本のまとめ的なアレその4

東浩紀さんの「クォンタム・ファミリーズ」がとにかく面白かった。もう発売してますが「クリュセの魚」も読もうと思った。 クォンタム・ファミリーズ (河出文庫) 作者: 東浩紀 出版社/メーカー: 河出書房新社 発売日: 2013/02/05 メディア: 文庫 クリック: 5回 …

「劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 叛逆の物語」を見たので感想を……。

ブームに乗り遅れた感がなんだか凄いのですが、まあいっかと思いつつ感想を書いてみます。ネタバレ記事ですのでご注意を。 TV版の最終話では、全宇宙の概念となったまどかがすべての魔法少女を救いストーリーはキッチリ完結したかのように思えました。が、本…

最近読んだ本のまとめ的なアレその3

「極黒のブリュンヒルデ」を見ているとエロゲっぽいなと思うのは何故なんだろうか。 レンタル・フルムーン〈1〉第1訓 恋愛は読みものです (電撃文庫) 作者: 瀬那和章,すまき俊悟 出版社/メーカー: アスキーメディアワークス 発売日: 2009/06/10 メディア: 文…

灰と幻想のグリムガルlevel.1.2.3/十文字 青

灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ (オーバーラップ文庫) 作者: 十文字青,白井鋭利 出版社/メーカー: オーバーラップ 発売日: 2013/06/22 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (6件) を見る 灰と幻想のグリムガル level.2 大切…

最近読んだ本のまとめ的なアレその2

「シドニアの騎士」おもしろいなーと思いながら「ラブライブ」をこっそりBD録画するような毎日です。 オービタル・クラウド 作者: 藤井太洋 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2014/02/21 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (4件) を見る 地球軌道上に浮か…

最近読んだ本のまとめ的なアレその1

読んだ本の感想ばかり書いていたのでなにかもっと違うことをしたいなーと思ってまとめを書いてみた。結局、これも本の感想なんだけど、それくらいしかブログに書くことを思いつかないので仕方ない。冊数が多いので感想はいつもより簡単にしておこう。なんか…

後宮楽園球場 ハレムリーグ・ベースボール/石川博品

この前読んだ『ヴァンパイア・サマータイム』が良かったので、新作の方も読んでみた。今作は、ラノベには珍しい「野球」を題材にしたもので、舞台や設定もかなり風変わりです。 大白日(セリカン)帝国という野球で栄えた異国が舞台なのですが、物語は、そこの皇帝に…

My Humanity/長谷敏司

ライトノベル&SF作家の長谷敏司さんによるSF中短編集。全4篇を収録したものですが、どれもテーマに重点を置いた作品ばかりで、読み応えがあります。「ITP」や「クラウズ」といったおもしろそうなSFガジェットもいろいろ詰め込んであるのですが、それを使ってエ…

瑠璃色にボケた日常1・2/伊達 康

瑠璃色にボケた日常 (MF文庫J) 作者: 伊達康,えれっと 出版社/メーカー: メディアファクトリー 発売日: 2012/10/24 メディア: 文庫 クリック: 16回 この商品を含むブログ (16件) を見る 瑠璃色にボケた日常 2 (MF文庫J) 作者: 伊達康,えれっと 出版社/メーカ…

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 1・2/春日部 タケル

俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している (角川スニーカー文庫) 作者: 春日部タケル 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店 発売日: 2012/10/01 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔して…

言語都市/チャイナ・ミエヴィル

海外で話題沸騰中のSF作家・チャイナ・ミエヴィルの新作。海外のSF賞を総なめにした前作『都市と都市』を読まずに本作のほうを先に手に取りましたが、相変わらず本が分厚い。490ページの二段構えに文章がびっしりと書いてあります。ミエヴィルといえば何年か前…