読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書評のようなもの(仮)

SF、ラノベ、漫画、音楽なんかの記事をgdgd書いたり、DTMして遊んだり。

最近読んだ本のまとめ的なアレその6

アニメの記事(主に今期の)も書こうかなと思いつつ今日も読書感想文を載せるだけの記事となった。

シンギュラリティ・コンクェスト 女神の誓約(ちかひ) (徳間文庫)

シンギュラリティ・コンクェスト 女神の誓約(ちかひ) (徳間文庫)

 

 『AUVR』という未知の現象によって宇宙崩壊が真近に迫った20XX年が舞台。人工知能(AI)の力を借りて人類滅亡を回避すべきだという『エデン派』と、人間の力のみでナントカすべきだという『ノア派』の争いを背景に、AI(ツンデレ)と人間が交流したり、喧嘩したりするようすをラノベちっくに描いたシンギュラリティSF。人類救出のためにとるAIの行動がなかなか衝撃的でした。

Occultic;Nine1 -オカルティック・ナイン- (オーバーラップ文庫)

Occultic;Nine1 -オカルティック・ナイン- (オーバーラップ文庫)

 

 志倉千代丸さん執筆のライトノベルオカルト系まとめブログを運営する少年&少女が、流行の都市伝説や噂話をかぎ集めるうちに、触れてはならない本当の闇に足を突っ込んでしまう……といった感じのストーリーなのですが、彼等の他にも、ニコ生アイドル、ムムー雑誌記者、イケメン若手刑事、黒魔術屋、学生科学者などの多数の主要キャラが登場して話の視点も目まぐるしくチェンジしていく。いかにも話の核心部を匂わせる『MMG』パートは真実かもミスリードかも不明だし、りょーたすはカワイイけど裏がありそうだしと、あれこれ先を想像しながら読むのが楽しい一冊でした。

 同じ部屋が無限に続く謎の建造物に閉じ込められた大量の女子中学生が、互いに協力したり、捕食しあったりしながら残酷な脱出劇を何世代も繰り広げたすえ、一つの巨大な歴史を築いてゆくというタイトルっぽい展開に。完全に閉じた世界で繁栄と衰退を繰り返す少女達のようすを記録にでもとるかのような単調な文章がとんでもなく冷めていてゾっとした。

絶深海のソラリス (MF文庫J)

絶深海のソラリス (MF文庫J)

 

深海数千メートルに佇む怪しげな研究所に潜入した『水使い』の訓練生4人と教師が、凶暴な人工海底生物に遭遇して、スリリングな脱出劇を繰り広げるのだけど……そう簡単にいくはずがなかった! 『水使い』の持つ異能力を駆使してどうにか危機をしのいでゆくものの、次々やってくるピンチに状況はしだいに悪化して、読破する頃にはどうしようもない絶望感と衝撃と後悔がこみ上げてきます。1巻からこんなクレイジーな展開を用意するとは思うはずもなく、面白かったです、凄く

BABYMETAL(通常盤)

BABYMETAL(通常盤)

 

人気のメタル系アイドルユニット。ゆるふわ娘ボーカルの後ろで、低音高音圧なメタルサウンドがドコドコ激しく鳴ったかと思えば、サビで急にメロディアスになって心地よかったり、エレクトロ系シンセサウンドで派手に盛り上げてみたり、アニソンぽいものも入っていたり、和風アレンジが面白かったり……。なんだかもう好きなものをぎゅうぎゅうにして全部詰め込んだようなコテコテさがタマラナイ感じでした! あと、何回も聴いてるとインパクト抜群のキャッチフレーズ的な歌詞が頭の中でぐるぐるしてうわああああってなります。8曲目に流れる『4の歌』の歌詞が良いですね。 

 エイフェックスツインの新盤。最後に聴いたのが確か、「Drukqs」だったと思う。新盤を聴いた印象は、最初の1曲目からあーこれはエイフェックス・ツインだなーと思うような感じのレトロなシンセ音が満載で懐かしいような、うれしいような。ちなみに自分が一番好きなアルバムは下の2枚です↓

Richard D James Album

Richard D James Album

 

 写真はエイフェックス・ツイン本人です。恐いよ!

Classics : The Aphex Twin (RS95035RM)

Classics : The Aphex Twin (RS95035RM)

 

 とにかく好きでした。