書評のようなもの(仮)

SF、ラノベ、漫画、音楽なんかの記事をgdgd書いたり、DTMして遊んだり。

「Angel Beats! -1st beats-」をコンプしたので感想を……。

     Angel Beats! -1st beat- 【予約特典:ガルデモ未公開シングルCD「Million Star」/Na-Ga描き下ろし色紙】

率直な感想は、 面白い! でも、すっっっごく短いよこのシナリオ!って感じでした。

 話の大筋は原作アニメと同じなので、共通ルートは、アニメとほとんど同じぐあいで進んでいきます。原作アニメの脚本と大きく違うなと感じたところは、アニメではいつの間にか消えてしまっていた男性キャラのシナリオがしっかり最後まで用意されている点と、原作とはまた違うかたちのシナリオがヒロインにも用意されているところかなと。ちなみに今回の1st beatsでは、ゆいにゃん&岩沢さん&松下が攻略対象になってますので、そのほかのキャラは攻略しようとしてもできませんでした。

あと、これがもっともアニメと違っていて楽しいと感じたところなんですが、一体、これどうなってんのだろう ......ってのくらい大量の選択肢で自由に分岐するシナリオです。

美少女ゲームをやっていると表示される選択肢のたいていは、攻略したいヒロインの好感度を上げるために選ぶので、それ以外の選択肢なんてCG回収とか以外に好んで選択することなんてまずなかったのですが、本作では、

これはゼッタイ無意味だろうとか、コレ選択したら変な方向にシナリオが進むんじゃないか? と思っていてもキャラのリアクションがみたくてあえて選択してみたくなります。また、変な選択肢を選んでも即座にBADENDに直行することがなく(※ただし、例外もあります)そのままシナリオが進んでいってしまうので、その選択が正解だったのか間違いだったのかは、まったくわからず、手探り感があります。

むしろ、最初は、誰を攻略したいとか考えずにもう自分の気の向くままに選びたいものを選んシナリオを楽しんだほうがいいのではないかなと思ったくらいです。ちなみに自分はそれで2~3週はしましたが、まだまだ新鮮味がありました。

最初にすっごく短いと書きましたが、たしかに攻略対象のキャラのみを攻略できるような選択肢を選んでたんたんと進めていけばコンプするのに、4日もかからないと思いますが、もっと自由に楽しめばもう少し長く楽しめるのではないかなーと思います。それでもシナリオの短さは否めませんが、シナリオの分岐量の多さに関しては、かなり作りこんであってSUGEEEと感じました。なんか昔のADVとかこんな感じの手の込んだものあったよなーとか、思いだしたりもした。

肝心のシナリオは、どのルートもそこそこがっつり感動系って感じです。だーまえですし! 

あと作中に流れる楽曲をみてると主題歌とか各キャラのED曲とかもうほとんどだーまえの作詞&作曲であることに気付いて、これまたSUGEEEとなりました。『一番の宝物』が名曲でヤバいです!

一番の宝物~Yui final ver.~(DVD付)【完全生産限定盤】

一番の宝物~Yui final ver.~(DVD付)【完全生産限定盤】