読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書評のようなもの(仮)

SF、ラノベ、漫画、音楽なんかの記事をgdgd書いたり、DTMして遊んだり。

最近読んだラノベとSFとあといろいろ

「城下町のダンデライオン」の幸せ家族度は今季ダントツだと思った。

CHAOS;CHILD (通常版)

CHAOS;CHILD (通常版)

 

東京渋谷を舞台にしたオカルト系SFミステリ。ネットで話題沸騰の『ニュージェネレーションの再来』という残虐な連続猟奇殺人事件の犯人を新聞部の面々が突き止めていくADVゲームです。『Chaos Head』の続編だけに、前作でも登場した『ギガロマニアックス』や『ディソード』といった重要なキーワードが今作にも絡んでおり、全体的に現実と非現実がぐちゃどろに混ざったような狂ったシナリオが楽しめます。事件を追うにつれ徐々に明かされる幼馴染や家族の過去、そして渋谷全体を包む不穏な影。もう疑いだすとすべてが異常で、スリリングなんですが、そんな状況化で真実を突き止めようとすればするほど、未来が閉ざされていく主人公をみていると、あまりの救いのなさにうわあああああってなります。メッセージ(皮肉)もかなり効いた作品です!

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

 

世界中で同時多発的に勃発する紛争と、その裏で暗躍するジョン・ポールの因果関係に主人公(米情報軍)が迫っていく社会派軍事SF。再読してもエリスンの例の短編SFの面影をビシバシ感じてやっぱり好きです。世界の中心だけ愛しているジョン・ポールとかまさしく。

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)

ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)

 

完全に調和したユートピアをつくるために、不安や病気といった不協和なものを徹底的に排除しようとする管理社会と、それに抗う少女達の物語。半ば強制的に不協和音を取り除いて奏でるハーモニーってどんな響きがするんだろうなあとか。

火星の人

火星の人

 

火星探査中に事故で遭難した主人公が、持ち前のお気楽さとDIY精神で何年ものあいだ火星でサバイバル生活を繰り広げ、大胆な脱出を試みるスリリングな展開がすこぶる楽しい。火星で生き抜いていくためにわんさか思いつく主人公(メカエンジニア&植物学者)の理詰めなアイデアを支えにしたストーリーにはとんでもなくリアリティを感じました。

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11 (ガガガ文庫)

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。11 (ガガガ文庫)

 

周囲との関係を壊してでも自分を押し通してきた最初の頃と、壊したくない関係ができてしまったために、誰も傷つけず間違わない選択をしてきたその後と、その選択に違和感を感じている今とで、上手く繋がった感じがするなーと、思います。

妹さえいればいい。2 (ガガガ文庫)

妹さえいればいい。2 (ガガガ文庫)

 

 ビールとつまみ片手にTRPGしてる主人子やヒロイン達がますますおっさんにしかみえなくなってきた……。